赤ちゃん・子どもの病気相談でダントツ1位の「発熱」

大人に比べて高熱を出すために心配になるママパパは多いのではないでしょうか?

でも、病院に連れて行くと

「機嫌がよくて、授乳ができて、眠れるなら心配ないよ」

と、アッサリ診察が終わり、こちらの不安に対してアッサリ診察が終わってしまうのは医療の現場でよくあることです。

大人とは違い発達段階の赤ちゃん子どものお熱に関して不安はつきもの。

夏になると熱中症の心配も加わるお熱について専門家と一緒に勉強してみませんか?

この講座では、ママが働くことを応援する為に、子どもの不調に気づく力を育み悪化する前にできる事、子どもの持つ自然治癒力を高めるためにできるおうち看護のコツをお伝えします。

 

内容

1.子どもが高熱をすぐ理由
2.どうして子どもはすぐ病気になるのか?
3.この熱は熱中症?感染?わからないー
4.おうち看護の基本
5.お熱の時のおうち看護は〇〇〇〇〇がコツ
6.〇〇がないママパパは、子どもが病気になった時に慌てる
7.子どもの不調サインは「3つのK」でチェック♪
8.「ここから」始めよう!子どもの体と心の健康チェック
9.小児科の先生がよくだすお薬のQ&A~解熱剤、抗生剤、けいれん止め~
10.心配な病状「脱水」「けいれん」

※参加者の希望により一部変更する事があります

 

他の開催予定セミナー・イベントはこちら